【市進アスリート 女子アイスホッケー 岩原知美選手 平昌オリンピック代表メンバーに選出されました!】

各スクールで子どもたちに、小さい頃からオリンピックを目指し続けた話しをしてくれた岩原選手。
「出場を目指すとそれ以上にはならない・・・メダルを獲ることが目標です」
また、代表選考の直前は「後悔はしたくないので、今できることは何でもやります。休みの日でも知り合いの男子選手達に頼んで練習に参加させてもらっています」
多くのアスリートの中でオリンピック代表選手になれる人は「強い気持ちを持ち続けられる人」だと、岩原選手と話していると感じます。
ナナカラファミリーの皆様、 岩原知美選手の応援よろしくお願い致します。

(公益財団法人日本アイスホッケー連盟HPより)

第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)に挑むアイスホッケー女子日本代表メンバー23名を発表し、記者会見を行いました。
オリンピック初出場は、GK 近藤真衣、DF 細山田茜、DF 志賀葵、FW 床泰留可、FW 寺島奈穂、FW 高涼風、FW 岩原知美、FW 小野粧子の8名。

山中武司 女子日本代表監督
今回のチームは、この選手だったらやってくれると信じて23名を選びました。格上と闘い勝つためには、ロースコアの闘いが必要だと考え、守備の面で計算できる選手たちを選びました。このチームは、全員で守って、全員で攻めることが出来、チームワークに優れています。日本のスピード、運動量、パスワークなどに磨きをかけて、果敢にチャレンジし、メダル獲得を成し遂げたい。